海外でも使えるクレジットカード系列が便利

 

海外旅行でクレジットカードではなくデビットカードを使いたいと考えているのであれば、海外でも使えるクレジットカード系列のデビットカードがおすすめです。

 

基本的に海外は日本とは違って盗難や強盗が多く、たくさんの現金を持ち歩くのは危険と言われています。そのため、基本的には現金はチップとして必要な金額程度しか持ち歩かず、支払いはカードで行います。

 

デビットカードでもクレジットカード同様、対応しているのであれば支払いに利用することが出来るので、日本国内だけでなく、多くの国で利用することが出来るカード会社を選んで普段から利用するのがおすすめです。

 

デビットカードを使うメリットって?

やはりメリットはクレジットカードの代わりとして使えるという点が大きいです。基本海外はカード社会なので、持っているのであればクレジットカードの方が良いですが、色々な事情があってクレジットカードを作ることができない場合の代用品としてとても便利と言えます。

 

もちろん海外で使用してもすぐに使った分のお金が引き落とされますし、お買い物に関してはデビットカードで一切問題ないと言えるでしょう。

 

また、クレジットカードを使って現地通貨を用意したい場合、キャッシングとなってしまいますが、デビットカードの場合は自分の口座からお金をおろすのでキャッシングのように利息を心配する必要がありません。それに、手数料も国内で両替するよりお得なので便利です。

 

もちろんその時のお買い物に関してもすぐに記録されるので、かさばってしまいがちなレシートはすぐに捨てても問題ありません。このように、快適な旅行をするのに1枚用意しておくと便利でおすすめと言えます。

 

やはり心配なのがカードを落としてしまった時ですよね。カードを使ったら直接お金が口座から引き落とされるシステムなので、悪用されると被害もかなりの金額になってしまうことが多いです。

 

ですが、もちろんそんな事態に陥ってしまったときの補償が用意されているカードも存在します。数百万円単位での補償をしてくれるので、全額戻ってくることも多く、落としてしまったときの対応に関しても安心と言えるでしょう。

 

また、万が一落としてしまった場合、被害を最小限にするため、気づいたらすぐに連絡を入れてカードの利用停止手続きを行いましょう。もちろんこのカードには落とし穴も存在します。いくら補償が付いているからとはいえ、クレジットカードと比べると補償してくれる金額は少ないです。

 

そのため、銀行口座の残高がかなり高額で補償金額よりも金額が上だった場合、全額戻ってくることはほとんど期待できないと言えるでしょう。しかも悪用されてしまった場合、しっかり銀行側で調査をするわけではなく、被害届を出すこともできないので泣き寝入りになってしまうこともあります。

 

迅速な対応がこのような事態を避けるために必要なので、紛失・盗難に気づいたらすぐに利用停止、不正利用に気づいたらすぐに報告を心がけましょう。

 

また、こちらのカードはお買い物のときはクレジットカードと何ら変わりなく利用することが出来ますが、不便なのがホテルに宿泊するときです。クレジットカードは宿泊時のデポジットとして認められますが、こちらのカードはデポジットとして認められないので、現金を用意する必要があります。

 

そのため、少しお金のやり取りでの手間が増えてしまい面倒です。このように、基本的にクレジットカードを用意できるのであればクレジットカードの方がメリットが大きく良いと言えます。クレジットカードが用意できない場合ややお金の使い過ぎが心配なときだけデビットカードを利用しましょう。

 

現金はどれくらい用意するのがベスト?

海外旅行をする場合、基本的にはカード払いですが、もちろん現金もある程度用意しておく必要があります。まず、屋台や小さめのお店などの場合、クレジットカードが使えないことが多いです。

 

そのため、ちょっとした食べ物を買いたい時に現金があるとサッと支払いを済ませることが出来て便利と言えます。それに加えて、チップを渡さなければいけないという場面も少なくありません。チップに関しては、1ドルから2ドル程度が相場となっています。

 

サービス業は低賃金となっているので、彼らにとってチップは大きな収入源です。そのため、サービスの質にもチップは大きく関わってくるので、ここは節約をせずにしっかり相場程度のチップを渡すようにしましょう。

 

また、サービス外のことをしてもらったりしたときには少し上乗せした金額を渡すと喜ばれます。基本的には1ドルから2ドルと紹介しましたが、少しランクが高めのお店を利用した場合などには、少し上乗せした金額が相場となっていることが多いです。

 

国や地域によっても相場は異なるので、ある程度のチップの相場を調べたうえで旅行をすると良いでしょう。

 

外国でデビットカード を活用する方法と利用時の重要ポイント

アメリカやオーストラリアなどの海外旅行においてもデビットカードにつきましては、クレジットカードと引けをとることなく活用することができます。

 

外国ではクレジットカードと変わらないぐらいシェアを保持しているので、お買いものは当然、現地通貨の引き出しに至るまで可能と言えます。却って快適性を感じるかもしれません。デビットカード比較したい人はこちらのサイトが参考になります。

 

オーストラリアなどの外国での利用でデビットカード及びクレジットカードの一番大きい異なる点は、引き落としのタイミングといえます。それに加えてお買いものでもキャッシングでも自分自身の口座の金額を使用します。

 

クレジットカードに関しては、キャッシングのケースではに利息が発生します。借金と一緒の感覚に抵抗感がある人には、適しているでしょう。 それから使用している時の取り扱い手数料の違う所も気になる点です。

 

デビットカードにおいては、visaといったクレジットブランドが決めるレートに限らず、カード個々の手数料かかります。クレジットカードにおけるキャッシングは、クレジットブランドの形での手数料及び利息がかかります。

 

クレジットカードのケースでは利息は日割りですので、利用日数次第で利息額が変わります。

 

カードの外国における取り扱い方法

アメリカやオーストラリアといった海外においては、ATMは当然レジにおいても自分自身でデビットカードを入れることが求められる場合が多いです。

 

ATM、あるいはレジでは、日本国内の様にカードを挿入口サイドより入れるケースだけではありません。

 

上より下にスライドそれから、カードを水平に滑る様に動かして抜き取るそして、縦向きに入れて抜き取るといった多種多様な方法があります。 加えて暗証番号の認証が求められます。何回かミスするとロックがかかることもあるので、暗証番号管理に対しては留意しましょう。

 

ホテル、あるいはレンタカーのデポジットを、デビットカードでは払うことができないこともあり得ます。クレジットカードの併用であるとか、デポジット向けに予備にある程度の額の準備をしておくと安心です。

 

さらにカードを利用することができる場合にも気を付ける必要があります。その理由は、デポジットの支払いに対してカードを活用すると、明々白々ひとたび口座より引き落としされることになります。

 

通常の場合はチェックアウトする場合に宿泊料、あるいは利用料などとの差額が返されます。しかしながら、カードを使った場合は、返金が遅れてしまうこともあります。

 

口座に存在している額しか使うことができませんから、すぐに返されない場合を見込んであらかじめ入金しておくことをおすすめします。

 

外国において活用する際の重要ポイント

現地通貨を出す所は、国際キャッシュカード及びデビットカードにそれほど大きな相違点がありません。しかしながら、国際キャッシュカードにおいてはお買物には使えません。

 

後者がクレジットカードにとても近い活用法なのに対比させてみると、国際キャッシュカードの活用方法は限定されます。基本的に金銭を下準備する方法を分散させる、サポート的なものとしての活用が賢明といえます。

 

それに加えて、外国でのブランドデビットの利点は、あらゆる国のクレジットカード加盟店において利用することができるところでしょう。

 

しかしシェアのスケールからも、オーソドックスな外国での利用でしたらVISAなどのほうがフィットしています。 それに加えて、現地通貨を両替を簡単にできます。それから外国でも、自分自身の口座より引き落とししている実態になっています。

 

使い過ぎない安定性がどんな場所からでもあるのが代表的な魅力です。それから、 外国への旅行に対して高額な金額の現金を持参していくリスクがあります。しかしながら、年や他の状況によって、クレジットカードを作成することができない人も見受けられます。

 

現金主義の人には、クレジットカードに関しては持ちたくないといえるでしょう。現金に関しては不安それから、クレジットカード即日で持つことができない方こそデビットカードを外国で利用するのに適しているでしょう。

 

VISAの海外デビットカード等なら外国の加盟店でも使用することができます。 加えて、原則としまして、15歳より申し込みできますので留学時にも最適です。

 

さらに日本国内の銀行の口座へと入金することになれば、現地において引き出せるので労力もかからず外国への送金などの手数料を抑制することもできます。

 

その上クレジットカードを作ることができる年の人が国外に行く場合も、金銭を下準備する手段は豊富にあるほうが安心することができます。更に、補償、あるいは保険がセットされているものが大量に見つかります。

 

現金と異なる方法で金銭が用意できると安心感も非常に大きく、外国へ旅行に行く人にとりまして価値があるといえます。保険、あるいは保証サービスの金額、あるいは何日まで遡って請求可能なのかなどは、カードによって異なってきます。チェックしておきましょう。

 

カードの決済の基本的な仕組みは

デビットカードは銀行の預金口座と連結して初めて使用可能なカードの1つです。このカードの類似系にクレジットカードがありますが、それと比較した場合の1つに借金をしてしまうという危険性がなくなります。

 

というのはクレジットカードは借金をさせてでも請求額を毎月の決まった日に引き落としさせてしまいますが、デビットカードの場合は預金口座の残高分しか引き落とせないからです。そのため残高不足になるとエラーとなり決済ができません。

 

この借金ができないという仕組みのために欧米ではクレジットよりもデビットのほうが普及率が若干高いとされています。もっともデビットの普及率が高い背景には現金支払だと偽札や強盗やスリなどの被害が多いからです。

 

このカードは一部の発行会社を除いては基本的に入会時の審査は必要ないとされます。ということは職業や収入が不安定や低い人も未成年の学生さんも入会が可能となります。これがクレジットよりも普及率を高くさせている要因の一部となっています。

 

このカードは欧米では既にメジャーな存在で、しかも実績数も年数もあるので一般の生活では当たり前のように使用されています。実際にそのカードだけで普段のお買い物も、家賃や水道光熱費も問題なく引き落とされています。

 

しかしそのデビットカードを日本で使用しようとしたら、残念ながら現時点ではいろんな問題が噴出しやすくなります。

 

実績数も年数も浅すぎるのが原因の1つ

このデビットのカードを日本で使用しようとして問題になるうちの1つは、まだそのカードに対応していない取扱店が多数に及んでいることです。

 

というのは日本ではこのカードの普及キャンペーンがこれまでほとんど行ってこなかっために、未だそのカード自体を知らない人が多く存在しています。ということで日本ではカードはクレジットかプリペイドかキャッシュカードの3種類しかないと信じ切ってる人も相当数います。

 

次に日本は世界でも依然として治安のいい国の1つです。そのために現金主義者が多数派ですし、クレジットカードを所有していても普段の小売店での買い物は現金か、その店が扱うプリペイドカードが主流となっています。

 

21世紀以降は個人を除くかなりの会社組織でのお店にはカード端末が設置されてカード払いにも対応できるようになりましたが、それはクレジットカードを想定した端末になってます。しかもその端末もすべての銘柄のカードに対応していません。

 

特にデビットの場合はVISAは比較的使える店が多いものの、日本が独自開発したJデビットに対応するのは45万か所に過ぎないし24時間対応でないので注意となります。ここにカード使用の危険性の1つが潜んでいます。

 

これは多く普及している欧米でも同様の事態となります。欧米でもすべての国のすべての銘柄のカードに対応しているわけではないので、所有するカードの種類には気をつけねばなりません。所有するならばできるだけ多くの国で対応している銘柄のカードにする必要があります。

 

その外国で日本人が使用する際にもう1つ問題になる危険性が宿泊施設での料金支払となります。現地の宿泊施設での料金支払いではクレジットばかりが注目を浴びています。

 

デビットにしようとしたら、客が何か室内を破損汚損した際の賠償金代わりの供託金の支払いを現金で何泊分もの支払いをチェックイン時に求めようとするからです。そうなるとその場でパニックになってATMから現金を引き出しに行かないとならない羽目になります。

 

またアメリカではこれとは別にボーイにチップを支払う際はその場で現金支払いが基本になるので、カードは使用できません。

 

日本では反復継続な支払いには対応しない

そして日本でデビットカードを使用する危険性の究極が反復継続する支払に対応していないことです。この反復継続する支払というのは賃貸住宅の家賃、住宅の水道光熱費や電話やインターネットプロバイダが該当します。

 

またこれとは別にガソリンスタンドも対応していないとされます。これらは実績のある欧米などの外国では当たり前のように引き落とし可能なわけですが、日本ではほとんど対応していません。対応していない原因には複数が存在しています。

 

まず1つに残高不足でエラーになった事例が多数になったため、それの処理の手間を嫌ったためだともいわれています。もう1つはこれらの支払いは預金口座からの直接引き落としが既に実績も年数もあるからです。

 

そのために契約書に自分の預金口座の口座番号などを記入して直接引き落としにさせているからです。これのほうがシンプルな関係になるので取扱いが行いやすくなります。

 

これらの支払いをデビットで行おうとすれば、引き落とし事業者はカード会社に対してカード手数料を支払わないとなりません。

 

これで利益が少し減ってしまいますので確保しようとすればその分を価格転嫁しないとならなくなります。これでは従来通りの支払い者からクレームが多数寄こされるようになってしまいます。

 

なお欧米ではカード払いがほとんど当たり前だし、現金支払い者は敬遠される傾向ですから、価格転嫁は想定済みとして処理されています。